FC2ブログ
引き寄せの法則実体験ブログ

相手にイライラしたときこそ「感謝ノート」を書こう
こんにちは、せる子です。

イラつく相手、いますね。職場でも学校でも。うまが合わない、見下したような態度をとってくる。
失敗をなすりつけてくるなどなど・・・。

そういうことを思い出すとどうしても気分が悪くなります。でも自然とそのことで思考が支配されて
しまうんですねえ。分かります。私も以前職場で先輩にいじめられていたこと等ありますから。

で、そういう時の悪い気分を吹き飛ばすおすすめの方法。それが、「感謝ノート」を書く、です。

「感謝ノート」のことは引き寄せをかじってる方ならご存知かと思います。
感謝したこと、ありがたかったことをノートや紙に書く。例えば、私の場合。漫画家の場合です。
「読者の方、本を購入してくださってありがとうございます。あなたが働いた大事なお金の一部を
私の漫画の購入費に充ててくださってありがとうございます。」
こんな感じです。ここまでかしこまって書かなくてもいいです。
「お母さん、いつもお弁当を作ってくれてありがとう」
こんな感じでも十分いいです。

嫌な相手のことで頭をいっぱいにするより、大切な相手のことで思考を満たし、感謝の気持ちで
心を穏やかにさせましょう。無理やり、嫌な相手のいいところを見つけて感謝ノートに書く必要はありません。
好きな相手のこと、感謝した相手のことを書きましょう。

ノートの種類は何でもいいと思います。
毎日書きたくなるようなかわいいノートを買ってきてもいいですし、大学ノートでも。
それこそ、広告の裏でもいいと思います。

要は、自分がいい気分になれれば、何でも。

ちなみに私は断捨離中に発掘した新品の大学ノート。
今まで何冊分書いたか分からないくらい書きました。
(というのも、個人情報(具体的な名前つき)で感謝を書いているのでノートが終わるたびに
全ページシュレッダーにかけているからです。)

ノルマはありません。
めんどうな日は書かなくていい。
1日何個書くとか決めなくていい。
書きたいときは何ページ使って書いてもいい。
筆記用具も何でも構わない。

感謝の習慣がついてくると、今までには気付けなかった些細な相手からの気遣いなどにも感謝できるようになり、
笑顔でありがとうと言えるようになったりします。すばらしいでしょ!


繰り返しになりますが、嫌な相手に思考を向けるのではなく、感謝すべき相手にいい思考を向けてください。

そうすると、思ってもみなかったいい引き寄せがやってきますから。


(この記事がよかったと思ったらぜひ下のツイッターボタンでこの記事のシェア・ブログランキングをポチっとクリックしてください♪)



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 読めば引き寄せの達人になれるブログ. all rights reserved.